Theater

宮沢りえ主演 舞台「オーランド」鑑賞

週末スタートぉ!ってやつです、はい、大垣人でございますぅ。
仕事は、まぁ、いいでしょ(おいおい)。
今日の気分はすべて宮沢りえ”です、はい。

舞台見てきました。
しかも珍しく舞台初日。
金曜日の夜。



(2024年舞台鑑賞:6作品目)

宮沢りえ主演の舞台「オーランド」。

宮沢りえを生で見るのは2回目。
昨年「アンナ・カレーニア」を鑑賞しましたっけ。

「アンナ」と「なか村」(2023年3月)



場所は見やすさではダントツのPARCO劇場(渋谷)。

座席もC列と前から3列目。
とはいえ、舞台正面左手。A列がないところ。
なので実際には2列目。

舞台まで数メートルってやつでした。

いやぁ、表情や肌までしっかりくっきりと見られました。
すごい距離感だったな〜。

舞台の初日って完成度的にはまだまだ、手探り感ありそうですけど、
今日のはかなり完成されたものをぶつけてきた感じ。
役者たちの集中力がすごかった。

宮沢りえのセリフが全体的に長いんですけど、
舞台の一番前、観客の最前列に1メートルの距離。
そこでツラツラと話し続けるシーン。

遅れてきたお客が2列目中央に2人。

気になるだろうな、やりにくいだろうなと思ったけど問題なし。
まるで全く視界にはいってないかくらいの感じ。
近くで見ていたからこそ肌で感じられる集中力でした。

圧巻やね。

宮沢りえ、同い年やんな(汗)。
ドレスを着ているシーンでは背中が見えるけど、まぁ綺麗でした。
スタイルいいしね〜。




大垣人が顔をみてわかる文化人とかも観客の中にいたりしました。

鑑賞終わって帰りの下エスカレーターで後方にいた若い子2人のコメント:

「ストーリーは良くわからなかったけど、その分宮沢りえがすげってのは良くわかった」

一言でいうとまさにそういうことなんだろうな、と納得。
ストーリーはすこし現実離れしてますからね。
男性だったのが女性になって数百年も生き続ける、だから。

でもゲイ視線の考察はなかなか面白かった。

あとウエンツ瑛士がいい味を出してたな。
この人、ただのタレントさんかと思いきや、こんな芸達者なことできる人なのね。
これはこれは大変失礼しました(笑)。

なかなか濃厚な舞台でございました。
おすすめです。
とはいえ所詮、チケットは完売か。

ってことで、週末は金曜日の夜スタート、でした。

では。


GW2024、充実スタート!

GW2024スタート!の大垣人でございますぅ。
天気もまずまずでのスタートになりましたね。
大垣人はお昼前に外出。錦糸町方面。




ブレブレですが、舞台チェックに。
坂ノ上茜がW主演の一角ってことで見に行ってきました。
そう町中華の伝道師だった彼女の舞台です。



(2024年舞台鑑賞:5作品目)

「空夢」という舞台。

劇団papercraft『空夢』開幕 W主演 小栗基裕(s**t kingz) ・坂ノ上茜 コメント着





場所は、すみだパークシアター倉ってところ。お初。
倉庫施設を活用したところでしたが、決して新しくないみたい。
椅子なんか結構古かったし。あとかなり狭かった。

子供時代、同級生間にはよくある人間関係と葛藤の縮図。
舞台は、もうちょっとメリハリがあると面白かったかな。
テレビで見る坂ノ上茜はふっくらイメージもあるけど、シュッとしてたな。

一旦帰宅してMoonFlower様とお茶したけど、時間がドンピシャだったので映画へ。
「ゴジラ x コング 新たな帝国」。



2024年映画鑑賞:9本目)

米国作品だから仕方ないけど、やっぱりメインはキングコング。
ゴジラは今回は適役ではないけど、やっぱり助演。
しょうがないか。

こんなストーリーにマルチバースが入ってくるとはちょっと驚いたっけ。
まぁいいけど。
「コングに死なれては困る」ってのはストーリー内だけでなく制作の意図も。

そりゃそーだ、ってクスッと笑いました。

ちなみに、少し猿の惑星のエッセンスも入ってた?
拡大解釈しすぎか。

映画が終わってLINE見たら、MF様からミッションが。
以前売り切れで空振りしてた「ミシェルバッハ」さんのクッキー缶。
午後6時って遅い時間でしたが、無事に、初めてゲットできました!




いやぁ、びっくり。
以前はお昼の12時でアウトだったのに。





これで3,000円強とは、驚きの価格設定。
物価上昇すごいね。
いくつかいただきました。確かに美味しい。けれど、、、ねぇ。

ってことでGW初日、充実していました。
あ、でも晩御飯は我が家で。外出なしで。
外食は明日、かな。

では。



関連ランキング:洋菓子 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅



舌痛症を卒業して、舞台鑑賞とBBQパーティ

いやぁ、長い1日でした!の大垣人でございますぅ。
今日は土曜日なのに午前様。
そーそー、パリピみたいになってました(爆)。


午前は病院でスタート。
舌痛症の経過観察に東京医科大学病院へ。



4月から別の病院に出向するって先生に最後の検診。
「どうですか」と言われて、
「はい、元通りに戻りました」と完治宣言。

って、患者が決めちゃいけないですね、って言ったら「いいえ、いいですよ」と。
ざっと口の中をチェックしてもらって、「もう症状の消えてますね」と確認。
医師から「良かったですね」と何度も言われました。

お話を伺っていくと、「舌痛症は完治という感じではなく症状軽減」が基本線。
なので、こういった症状が消えるケースは少ないのだそう。
最後に通院継続するかの話になって、一旦ここで終えてみましょう、となりました。

いやぁ、良かったです。

11月くらいにえらい症状が激しく出ましたが、なんとか治まってくれて良かった。
12月はコーヒー飲むことすら控えてましたからねぇ。
良かった、良かった。

これで激辛もの、解禁でございます!(嬉)

そして病院の診察の順番が遅れてたから間に合うか不安で池袋へ爆走。
午後12時30分の開幕になんとか間に合わせました〜。
今回はミュージカル「スウィニートッド」を鑑賞。



(2024年舞台鑑賞:4作品目)

市村正親主演。大竹しのぶ、マルシア、あと加藤諒。




席はかなり後ろでした。仕方ないですね。
オペラグラスをMoonFlower様から借りるの忘れた。
マイグラス買いますかね。

隣に座っていた女性二人組が「加藤諒って遠くからみても一発でわかる」って。
激しく同意。
個性は強みだ。

今回は、ミュージカル。
珍しくミュージカルを選んだのは大竹しのぶが見たかったから。
市村正親は以前、舞台「生きる」を見ましたしね。

市村正親主演「生きる」鑑賞(2023年9月)

これもまた良かったですよ。
マルシアは最初よくわからなかったっけ(笑)。
でもそういう運命だよな、っていうFIN。

今日のもまたもうちょっと前で見れたら良かったな。
っと、東京公演千穐楽だったようで、カーテンコールも長かった。
カーテンコールも楽しめました。大竹しのぶのお茶目さが出てたし。

池袋からアパートに戻らず、まっすぐ豊洲へ。
こちらも時間に遅れるかと不安でしたが、間に合った。
今度は、March Gathering。




「キラナガーデン豊洲」さんへお邪魔しました。



全天候型のBBQプレイスですね。
ここに3月生まれ4人を含む12人で楽しんできました。



かんぱ〜い!



メンツの一人がシェフだったこともあり、美味しいBBQにありつけました。



夜の東京タワーもバッチリ。



ずーっとワイワイガヤガヤと宴会が続きました。
あと誕生日ってことでケーキが出てきたりと。


20230330 March gathering Birthdays and BBQ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA





いやぁ、これだけでお酒も食事もいっぱいだったのですが、このあと2次会にも参加。
完全にエンドレス状態でした。
土曜日のパリピ状態とはこのことですね(笑)。

このグループで、「ロンドンに行こう」とか「今度は屋形船に乗ろう」とかアイデアが出てました。
本当なんでしょうか、ちょっとわかりませんけど。
それにしてもみなさんエネルギッシュだこと。

明日は休肝日にしようと思います<バキッ。

では。

段田安則「リア王」鑑賞ぉ〜!

週末終了ぉ〜!の大垣人でございますぅ。
天気もよくって、良い日曜日でした。
大垣人にとってはイベントの日。

昨日は何もなかったですからね。

今日は一転、昼前から外出。行き先は、池袋。




相変わらず人が多い。ちょっと好きになれない。
けど、ここに来ないといけない理由があるからねぇ。
ってことで東京芸術劇場へ。




今日はChaykin様がお供。Traditionにしようとも思いましたけど、pass。



この場所も何回目だろう。駅から近いし迷うことなく到着。
ただ、時間の計算間違えた。早く到着しちゃいました。
30分くらいは早かったかな。



本日の席は1階の比較的前の方。
見やすい場所でした。

で、鑑賞したのは「リア王」。
シェークスピア4大悲劇のひとつ、ですな。



(2024年舞台鑑賞:3作品目)

20240317 東京芸術劇場 #プレイハウス #池袋 #リア王 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




主演は段田安則。

共演者が豪華。

小池徹平、上白石萌歌、江口のりこ、田畑智子。
小池徹平は光ってましたな。彼がいなかったらこの舞台は締まらないものに。
江口のりこは、初めて生で見たけど、最初はパッと認識できず。でも個性派として存在感あり。

上白石萌歌は、英語で歌うシーンが2つ。
姉妹のどっちがどっちかわかってないんですけどね(汗)。

田畑智子は飛び蹴りしてたところで観客が「おぉ〜!」って。

高橋克己は安定の、ですな。今日で何回目だっけな、生で見るの。

シェークスピア作品だからか、今日の舞台はしっかりと堅めなステージングでした。
その分、役者さんたちの緊張はあるんだろうなぁ。

午後1時スタートで、20分の休憩があったものの、終わったのは午後4時ちかく。
なかなか充実した舞台鑑賞でした。


「中村仲蔵」もよかったけど、見応えっていうレベルでいくと「リア王」もなかなかでした。
舞台鑑賞goerはなかなか充実してますな。
その分、映画鑑賞はあまり見たいと思える作品がなく、すこし距離ありますけど。

ってことで週末は終わりです。
お酒もゼロではなかったけど、缶1本で終わったからなかなか健康的。

薬が効いているみたいで、内臓のほうもまずまず。
痛みは完全に消えてますし。
舌痛症のほうは、もう大丈夫かな。症状がでてない状態です。

今週はちと忙しいな。
明日待つことなく、今から準備せんと(汗)。

では。

エンタメとダイニングで大満足…キンケツ一直線っ

今日はプライベート充実やな、の大垣人でございますぅ。

お昼前には池袋に到着。



いつものブリリアホールへ。
何度目ですかね(笑)。




今日は2階席ではあったのですが、最前列中央。
これ、意外と見やすかったです、はい。




見たのは「中村仲蔵」by 藤原竜也。
正式には「中村仲蔵 ~歌舞伎王国 下剋上異聞~」。

先週は藤原紀香で、フジワラ続きやな(苦笑)。

それにしてもこの舞台はよかった。

見せ場と笑わせる部分とのリズムや内容が良かった。
歌舞伎の話だけど、「こりゃ歌舞伎見に行きたいな」と思わせる。

休憩時間中も周りでそういう会話をしているのを耳にした。

いやぁ、良くできていたなと。

藤原竜也もすごいけど、
高嶋政宏と池田成志の脇を固めているのがすごく良かった。
この舞台、上映期間中にもう1度見たいって思わせられたな。

あいにくチケットは完売のようですけどね。

いやぁ、良かった。特等席で見たいやつです、はい。

MoonFlowerと合流、またまた虎ノ門ヒルズへ。
そう、先週と全く同じパターンです(笑)。
でも違うお店へ行きましたよ、もちろん。




以前お世話になったsi si 煮干啖の虎ノ門店へ。



ワインと一緒にしゃぶしゃぶ系食べる。
そして本気のお肉。



大真面目に本気のお肉。200gいただきました。



ペロッと食べちゃったけどね。うまい。
やっぱ肉やわ。



1次の〆はノーマルの煮干啖。
変わらぬ味。好きなパスタ。
ご馳走様でした!

そのまま隣のビルに移動。
先週とは逆の順序ですね。
って分かりにくいわな(笑)。




立ち食い寿司にお邪魔しました。
「立喰すし魚河岸 山治」さん。
もちろんお初です。

豊洲の仲卸がやっている鮨屋さんみたい。




江戸前寿司。
シャリが赤いやつ。
一貫300円〜かな。










いやぁ、お腹いっぱい。
美味しゅういただきました。
立ち食いだけどレベル高いな。

立ち食いってのを考えちゃいけないのかも。

虎ノ門、全体的にしっかりとしたお店が多いね。
面白い場所だ。
ちょっとファンになったかも。家から遠いけど(笑)。

他の場所も探検にいきたい。

では。



関連ランキング:イタリアン | 虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門駅内幸町駅





関連ランキング:寿司 | 虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門駅神谷町駅



藤原紀香主演舞台「メイジ・ザ・キャッツアイ」

連休初日は、お昼前から活動開始!の大垣人でございますぅ。
朝イチに、会社メールで面倒なリクエストもらったけど、気にしない。
気にしない、気にしない、気にしない。。。

心配は月曜日の夜くらいになってからに、するっ!(爆)

今日は、お初の「明治座」。
ちょっと縁がないところかなと思ってたんですけどね。
イメージとしては老人の憩いの場。。。




あ、ってことは大垣人が老人の仲間入り、なんですね(汗)。



ってことで入場。



観てきたのは「舞台 メイジ・ザ・キャッツアイ」。
主演は藤原紀香。
3姉妹の他の二人は高島礼子と剛力彩芽。




席は真ん中よりも後方、花道寄り。



花道に近いので、演者を結構間近で見れました。

漫画でいくとレオタードですが、着物とのフュージョン。
ポスターのイメージとはちょっと違う感じでしたけど。

原作を知っていることがどちらかというとマイナスかなと。
舞台版は舞台のものとして考えた方が良さそうです。

あとはギャグが結構多め。
ゆえに、ソフトさはいっぱい感じられましたが、、、
その反面、まだ作品としての仕上がりはイマイチだったかな、と。

剛力彩芽、ハマり役だったんじゃないかな。
イメージとしてはぴったり。
彼女は年相応でダンスも披露。

高島礼子は貫禄の出演。
でももうちょっと個性を出した演出があってもよかったかな。
ちょっと花を添えてるレベル。

脇役では、長谷川初範が複数の役で大忙し。
ギター演奏まで披露してくれるって、大変だったろうな。
一度、プライベートでお見かけしたけど、まさにハンサムの代名詞。

美弥るりかは宝塚男役スターだったのね。
お初でした。
宝塚らしい所作が役どころと100%マッチ。

そして藤原紀香。
いやぁ、演技は上手いとは思えないけど、スタイルすごい。
足が長く見えるロングブーツを履いていたこともあり強調モード。

花道で近くで見たけど、全体的にガッチリな感じがした。
ゆえに、剛力彩芽がある意味、華奢(きゃしゃ)に見えたっけ。
そういう意味では演出はさておき、キャスティングはよかったな。

それがよくて、チケット買ったんですから狙い通り、ですね(笑)。

ってことで今年最初の舞台鑑賞でした。

遅くなったランチはトボトボと人形町まで歩いた結果、ラーメンに。
変な時間だからこそ、人気店には行列なしで入れるなと。
ってことで「駄目な隣人」さん(人形町)へ。

特製ラーメン、1,200円ってちょっとお値打ちなイメージ。



スープが美味しい!!!秀逸だなと思いました。



逆に麺は好みではなかったかな。
うーん、これはちょっと残念。

こうなると行列覚悟で食べにくるってのはハードル高め。
人形町はラーメン激戦区ですし。

あえていえば、太麺と細麺で選べたので、次回は細麺で再チェック?!
どうでしょ。
またご縁があれば。

では。




関連ランキング:ラーメン | 人形町駅水天宮前駅小伝馬町駅